Useful Informationお役立ちコンテンツ

UMIZORA(ウミゾラ)レストランから眺める景色

カテゴリー: UMIZORA(ウミゾラ)レストランの魅力

UMIZORA(ウミゾラ)レストランから眺める景色

UMIZORA(ウミゾラ)レストランでは、オーシャンビューの席で食事をしながら絶景を楽しむことができます。
さらにプライベート空間を独り占めしているような特別感は少人数制ならでは。
今回は、UMIZORA(ウミゾラ)からどのような景色を一望できるのかをご紹介致します。

◆スカイブルーの海

沖縄本島北部の海の色はスカイブルー。
海がスカイブルーに見える条件は「砂が白い・ビーチが遠浅・透明度が高い」この3つが揃っていることです。
レストランの高台から臨む海の美しさは圧巻です。

◇白砂

日本の本州の海でよく見られる黒っぽい砂は、光の関係により青色の海を黒っぽい色にしてしまいます。
しかし沖縄では白い砂により、もとの青い色をそのまま見られます。
綺麗な白い砂が、本来の海の青い色をより引き立たせていると言えるでしょう。
レストランで、お食事をされた後は白砂のコーラルビーチで、プライベートタイムを過ごせます。

◇遠浅

海に太陽の光が浸透していく時、海の底に行くにつれて、光の関係で色がどんどん濃い青色になっていきます。
逆に浅ければ浅いほど、緑色や黄色がそのまま地面まで辿りつくため、綺麗なスカイブルーになります。
先ほど記載した通り、砂が白くなければスカイブルーの海にはならないのです。

◇透明度

海底まで透き通るほどに透明度の高い海水は、太陽の光が海面で反射されることなく海底まで到達します。
海底で反射された光が中で”青色”だけがそのまま目に入るため、海の色が青く見えるという仕組み。
沖縄の海の透明度が高いのはプランクトンの生息が少ないことが一番の理由です。
沖縄には大きな河川がなく、プランクトンのえさとなる土や無駄な有機物が海に流れ込む可能性が少ないことが透明度が高いとされています。
白砂・遠浅ビーチ・透明度という3つの要素が揃ってこそ、UMIZORA(ウミゾラ)からスカイブルーの海を眺めることができるのです!
レストランでおいしい食事を味わいながら、目の前に広がる景色も楽しめるでしょう。

◆白砂のビーチ 

なぜ沖縄の砂は白いのでしょうか。
一般的に海で発生する砂は、貝がらやサンゴの死骸、有孔虫の死骸が砕けたものです。
つまり成分的に石灰質のものが多いため、色が白っぽく見えます。
それに比べて本州のビーチの砂は、川の上流から海へ流れた山の石灰岩が混ざっているため、黄色っぽく見えます。
沖縄県は島なので、遠くの海から流れてきた貝がらやサンゴのおかげで白っぽい色になるというわけです。
また白い砂浜を保つために清掃活動に取り組んでいることも事実。
自然環境によって作られる綺麗な砂浜ですが、常に美しく保つには人間の力も必要です。
沖縄の方が愛情をもって行動を起こしてくれているおかげで、ゴミがない美しい砂浜が作られています。
その白砂のビーチもUMIZORA(ウミゾラ)から一望することができます。
レストランからぜひ美ら海を眺めてみてください。白浜の美しさを見て、あなたは必ず感動するはず。

◆古宇利島

古宇利島は沖縄県北部にあり、古宇利大橋が開通したことにより車でも行ける小さな離島です。
古宇利島の語源は「恋島(くいじま)」といわれていて、「恋の島」と呼ばれています。
そのため、古宇利島にはカップルや夫婦が多く訪れます。
結婚記念日やプロポーズの際は、恋の島である古宇利島を見ながら、UMIZORA(ウミゾラ)で豪華なディナーを楽しんではいかがでしょうか。生涯忘れることのないレストランでの時間になります。

◆夕焼けに染まる海

季節によっては、ディナー開始時に夕焼けに染まる海を眺めることができます。
昼間はスカイブルーだった海が、夕暮れ時には優しく美しいオレンジ色に輝きます。
決して人工的ではない、自然が織りなす夕焼けにより一層幻想的な風景をレストランからに臨めるでしょう。
時の流れで変化していく空の色をじっくり眺めるのも人生で一回は経験してみたいものです。
一日の終わりを告げる夕暮れと共に、大切な人と大人の雰囲気を味わえるレストラン
UMIZORA(ウミゾラ)のディナーを堪能してはいかがでしょうか。