Useful Informationお役立ちコンテンツ

沖縄で人気のシークワーサー

カテゴリー: 南国食材について

沖縄の食材として人気があるシークワーサー。旅行などで沖縄に訪れた際、至る場所で目にすることが多いのではないでしょうか。さっぱりとした喉越しで、暑い夏にはシークワーサーの果汁をドリンクとして味わいと最高に美味しく感じます。主にジュースやソフトクリームなどで味わうことが多い食材ですが、じつは栄養も豊富なことをご存知ですか?今回は、シークワーサーの効能や味わい方について詳しくご紹介致します。

シークワーサーの歴史

今では、沖縄が原産となったシークワーサーですが、いつから沖縄の食材として認識されたのでしょうか。シークワーサーの歴史は、琉球時代まで遡ります。もともとは、芭蕉布と言われる織物の洗濯に使われていました。堅い生地を柔らかくするために、シークワーサーが役立つと広まり、琉球王国の勢力とも比例しているとも言われているんだとか。沖縄の北部にある大宜味村で、最も盛んに栽培されており、日本の7割を生産されています。

シークワーサーの効能

シークワーサーには、ビタミンをはじめ、クエン酸やミネラルが多く含まれているため、抗酸化作用が強くあります。そのため、老化防止や代謝を上げて疲労回復の役割も担っているとされています。暑い日にシークワーサーを摂取することで、食欲低下を予防したり、足りない栄養を補えたりと役に立つ食材でしょう。さらに、血糖値も抑えられることから、糖尿病の予防やがんへの抑制にも期待できるとされています。栄養豊富なシークワーサーをしっかり摂取して、健康な体づくりを心がけてみてください。

シークワーサーの意味

沖縄の柑橘系として有名なシークワーサーの意味をご存知ですか?シークワーサーは沖縄の方言になり、シーは酸っぱいを意味します。そして、クワーサーは食べ物を表します。そのため、シークワーサーは、酸っぱい食べ物ということ。酸っぱい味がお好みの方には、大変喜ばれる味なのでぜひ沖縄に訪れたら味わってみましょう。

シークワーサーの栽培

沖縄の恵みをたっぷりと浴びて育つシークワーサー。その栽培方法は、日当たりが良い場所で育てることが条件となります。暖かい気候を好むため、沖縄の土地はサークワーサーが育ちやすいのでしょう。しっかりと水分をあげる必要もあるので、水やりは手を抜いてはいけません。植え付けは3、4月にして、大きく成長したら年の8月に収穫するのが好ましいです。シークワーサーは、収穫する時期によって使い方も変化するので覚えておくと良いでしょう。夏に収穫する実は酸味が合う料理に使うと良いです。シークワーサーをジュースとして飲みたい場合は秋から冬がおすすめ。食材として使用するなら真冬の時期に収穫してみてください。きっとおいしいシークワーサーを味わうことができるでしょう。

シークワーサーのレシピ

シークワーサーを使った沖縄らしいレシピをご紹介しましょう。さっぱりとした味わいが期待できるシークワーサー焼うどんです。具材は、玉ねぎや赤パプリカ、スパムを用意。しっかり炒めてうどん玉を投入し、しょうゆと中濃ソース、塩胡椒で味つけます。焼うどんが仕上がったら、鰹節と紅生姜を盛り付け、シークワーサーを絞ったら出来上がりです。簡単でさっぱりとした沖縄風焼うどんを味わえます。

沖縄には、さまざまな場所でシークワーサーを使用しています。たくさんのグルメがある沖縄では、さっぱりとした風味をソフトクリームにしたり、人気の泡盛と合わせて飲んだりと、使い方を工夫して味わうことができるのでぜひ多くの味わいを楽しんんでください。他にも、料理に使用する方法もあるので、地元の方にレシピを聞いてみるのも良いかもしれません。栄養豊富なシークワーサーを食べて、健康維持に努めるよう心がけましょう。