Useful Informationお役立ちコンテンツ

古宇利島の魅力を徹底解析

カテゴリー: 古宇利島観光マップ

古宇利島は沖縄県北部にあり、車で行くことのできる有人島です。 面積は長崎ハウステンボス2つ分、車で10分程度で一周できるほど小さいですが、沖縄のスカイブルーに輝く綺麗な海に囲まれたとても魅力的な島です。 また古宇利島は「恋の島」とも呼ばれていてカップルに人気の観光地となっています。 今回は、そんな古宇利島の魅力をご紹介致します。

恋の島と呼ばれる魅力なパワースポット

古宇利島は沖縄版「アダムとイヴ」の言い伝えが残っており、古宇利島の語源は恋島(くいじま)だと言われています。
そのため「恋の島」や「神の島」と呼ばれています。
男女の縁や子宝にも恵まれるということで、全国から多くのカップルや夫婦の方が訪れるパワースポットです。
ハートロックを見て二人の思い出を増やし、サンセットや満点の星空の下でロマンティックな時間を刻むのもいいでしょう。

多くのカフェやレストランがあり、グルメも楽しめます。
ロマンティックな雰囲気のまま、テラス席のあるレストランで食事を楽しんではいかがでしょう。

古宇利島へのアクセスの良さが魅力

2005年に隣の屋我地島との間に古宇利大橋が開通したおかげで、車で行くことが可能となりました。
那覇空港からは車で約1時間半ほどで到着。
高速バスも出ているため観光客も行きやすい場所です。

古宇利大橋からの景色が魅力

古宇利島に行く際に必ず通る「古宇利大橋」。
古宇利大橋からは、誰もが絶賛するほどの透き通った海を見られます。
その透明度の高さは、橋の上から海底のウミガメが見えるほど。
まるで海外に来たのかと勘違いしてしまうほどの絶景は、感動すること間違いなし。
スカイブルーに輝く海を見ながら心地よい風を感じ、爽快なドライブを楽しめます。
素晴らしい景色ととびきりの開放感を味わえると、観光客が多く訪れるスポットです。

魅力のおすすめビーチ

◇古宇利ビーチ
古宇利島に到着して最初に目にする「古宇利ビーチ」はとても魅力的。
左右に大きく広がったビーチは、遠浅のため海水浴にぴったりです。
夜には満点の星空を眺めながらロマンティックな時間を過ごせます。
車は古宇利島ふれあい広場内の駐車場であれば無料です。


◇ティーヌ浜
古宇利島の北部に位置する「ティーヌ浜」。
このビーチには「ハートロック」と呼ばれるハートの形をした岩があります。
カップルの方には人気の場所で、ぜひ写真を撮ってSNSに載せたいスポット。
国民的人気グループ嵐が出演しているJALのCM撮影場所として使われた有名なところです。
しかし海水浴には向いていないため、サンセットやフォトスポットとして人気です。


◇トケイ浜
「トケイ浜」も古宇利島の北部にあるビーチです。
自然のままの姿が残っていて、白砂の遠浅です。
潜ればさまざまな魚に出会えて魚との距離が近いため、シュノーケル向き。
シュノーケルを趣味で始めたい方にはイチオシの場所です。

古宇利島のベストシーズン

古宇利島はどの時期に行っても景色が綺麗なので、ベストシーズンを決めるのは難しいところ。
海からの風が強く、本島と比較すると涼しく感じます。

7月から9月にかけては台風が月に一度は上陸します。
夏に行く方は台風が来ることを頭に入れておいた方がいいでしょう。
沖縄では2月に桜が咲き始めるため、春が一番過ごしやすい気候。
特に春から夏にかけてはレストランやカフェのテラス席での食事が最高です。

また古宇利島に訪れる際の服装として、冷え込み対策に上着の準備をして行きましょう。
4月から10月の平均気温は20度以上ありますが、11月から3月は20度以下になります。
冬のシーズンは上着を持っていくことをおすすめします。

ウニ丼が魅力

実は古宇利島のウニは名産品です。
シラヒゲウニと呼ばれるウニは甘味が強いのが特徴。
島内のレストランや食堂、民宿などでは、ウニを出してくれるところが多くあります。

最近はウニの供給量が不安定のため、禁漁になるとレストランでも食べられない非常にレアな食材です。
古宇利島にはテラス席のあるレストランやカフェが多くあり、海を眺めながらの食事を楽しめます。

いかがでしたか?
おすすめのビーチや古宇利大橋の景色をはじめ、パワースポットのハートロックなど、古宇利島の魅力をお伝えしてきました。
旅行といえば欠かせないグルメとして、レストランや食堂でのウニ丼もおすすめです。
ぜひあなただけの魅力を見つけてみてくださいね。