Useful Informationお役立ちコンテンツ

オリオンハッピーパークで気分爽快!

カテゴリー: 古宇利島観光マップ

沖縄の代表的なビールといえば「オリオンビール」です。 最近では海外でも人気を集めているオリオンビールは、沖縄県名護市の工場ですべてのビールが造られています。 沖縄県民に愛されている味はどのように誕生したのか、気になりますよね。 工場内には「オリオンハッピーパーク」という見学施設があり、ビールの歴史を学べ、製造工程をガイドさんの説明付きで見学することができます。 見学後にはできたてビールの試飲が可能! また隣接のレストランでは、できたてのビールとおつまみメニューを楽しめます。 ビール好きの方はテンション上がること間違いありません。 ここではその「オリオンハッピーパーク」の魅力をご紹介していきます。

オリオンハッピーパークの施設案内

那覇空港から車を走らせ、約1時間ほどで到着します。
以前も見学施設として一般公開されていましたが、2011年に「オリオンハッピーパーク」としてリニューアルオープン。
新たにビアレストラン「やんばるの森」が増設されました。

工場見学は無料と大変お得で、地元民にも愛されており、毎年10万人以上の方が訪れている人気の観光スポットです!
工場見学は混雑が予想されるため、事前に予約してから行くことをおすすめします。

大人の工場見学・オリオンハッピーパーク

日本でオリオンビールを製造している唯一の工場で、どのようにして多くの方から愛される味になったのか、見ていきましょう。
製造工程としては、

①原料を粉砕 ⇒ オリオンビールの原料は、麦芽やホップ、良質な水です。
②仕込み ⇒ 粉砕した麦芽を加熱して、甘いビールの元となる麦汁を作ります。
③発酵 ⇒ 冷やした麦汁に酵母を加えて発酵させます。
④貯酒 ⇒ 若ビールを巨大な貯酒タンクに入れて10日間熟成させます。
⑤ろ過 ⇒ 時間をかけて熟成させたビールから、余分なものを取り除きます。
⑥缶・ビン詰め ⇒ ろ過まで完了したビールは缶やビンに詰められます。
⑦出荷 ⇒ 品質管理を徹底したうえで全国各地に届けられます。

以上となります。


見学ツアーは全てガイドさんの説明があるため、とても分かりやすいです。
1日23回のツアーが行われているため、都合の良い時間に予約可能。
また、見学の後はできたてのオリオンビールの試飲はもちろん、隣接のレストランでもできたてのビールと食事を楽しめます。
車の運転が控えている方のために、ノンアルコールビールやソフトドリンクも用意。

このように大人の方にも楽しんでいただける工場見学となっているため、ぜひ一度足を運んでみることをおすすめします。

オリオンビールの種類

オリオンビールにもいくつか種類があるのをご存知でしょうか。ご紹介していきます。


◇オリオンドラフト
最初から最後まで口当たりがよく、バランスがとれていることが特徴。
苦味が抑えられていて、クリーミーで柔らかい飲み口の商品です。


◇シークァーサー
沖縄県産のシークァーサーを使用した、みずみずしくトロピカルな味わい。
爽快感マックスで南国感を楽しめます。


◇サザンスター麦の味わい
新ジャンルの商品で最高級の麦芽を使用。
深いコクとマイルドな味わいで贅沢に仕上げられています。


◇75BEER
ビールの街である「名護」発祥のプレミアムクラフトビール。
5年という長い時間をかけて、上質なお酒を楽しみたい方におすすめです。

ビアレストラン・やんばるの森

工場に隣接されたレストラン「やんばるの森」では、できたてのビールによく合う料理を頂けます。
沖縄の食材を使用した種類豊富なメニューで、ビールのおつまみにぴったり!
工場見学の思い出を語りながら、レストランでお腹と心を満たしましょう。

【営業時間】10:00〜18:00(ラストオーダー17:30)
【定休日】水曜日

オリオンハッピーパーク内にあるショップ

ビアレストラン「やんばるの森」のすぐ隣には、お土産品が充実しているショップがあります。
ショップにはオリオンビールオリジナルの商品がたくさん並んでいて、沖縄土産として持ち帰るのに最適。

ビールはもちろん、おつまみや雑貨まで取り揃えられているので、家族や友人へのプレゼントにもおすすめです。
家で飲むオリオンビールは、歴史や製造工程を知る前とはひと味違い、体に深々と染み渡るでしょう。

オリオンハッピーパーク詳細情報

【住所】沖縄県名護市字東江3-21-13
【電話番号】0980-54-4103
【見学受付時間】9:20〜16:40
【休業日】12/31〜1/3 (施設メンテナンス日あり)
【アクセス】那覇空港から約1時間
【駐車場】無料